これはいいと思う税金の使い方

私が日本の税金の使い方で最も誇りに思うのは、経済協力費、ODAです

● 39歳 女性
私が日本の税金の使い方で最も誇りに思うのは、経済協力費、ODAです。

漠然と、発展途上国への援助費だということは知っていても、具体的にどういうことに使われているかを知っている方は少なくないと思います。主には、ダム、橋、病院、学校を建設したり、薬や注射器などを送ったりしています。
日本の活動は素晴らしいです。
水が必要な地域に、日本が古くから使ってきた井戸の技術で応えたり、マラリアがひどい地域には、今は日本でとんと見かけなくなった、でも効果の高い蚊帳の使用を促進したりしています。
そして、もっと立派な事には、派遣された日本人が技術や経験を伝えるだけではなく、人間性においても誠実で、誰かの為に良い仕事をするという公共心が高く評価され、国と国を結ぶ強い絆と信頼関係の礎となってくれているのです。
きっと、これは日本の風土が産んだ文化から生じた、職人の心意気やきめ細やかなサービス精神、高品質の物作りなどの結晶なのでしょう。
こんな経済状態なのに…と仰る方もいるかもしれませんが、そんな時こそ世界の国々の一員として貢献し、日本の良さをアピールすることはとても大事な事で、未来に繋がると思うのです。

注目のキーワード