これはいいと思う税金の使い方

親戚の体調が悪く

● 38歳 女性
親戚の体調が悪く、長く続いたため病院へ行ったところ、ある難病であるとの診断が下されました。
頼まれてインターネットで調べたところ、特定疾患の患者には医療費の助成制度があるとのこと。早速保健所に行ったところ、必要書類や審査についてなど、様々なことを親切に教えてくれました。
お陰で、申請に必要な書類をそろえるのも簡単でした。

数か月経って無事に審査が下りた後は、特定疾患に関わる医療費が無料になったので、経済的に楽になったそうです。
助成制度に申し込んだ後の医療費も振り込まれたのには、親戚も驚いていました。
更には、市の制度で手当も出るので本当に助かりました。

難病になると、治療に多くの費用が掛かる他、収入が途絶えることもあるので、難病の人を助ける制度は税金の使い方としてはとても良いものだと思います。テレビなどで、税金の無駄遣いについて言及していることがありますが、良い使い方についてはあまり聞いたことがありません。本当に皆のためになっていることについては、メディアを通してもっと紹介してほしいと思います。

注目のキーワード